decode

技術ブログ 本の紹介

Nacl様インターン終了

こんにちは!kawasakikouです。

 
Nacl様のインターンももう三週間経ってしまい、寂しい思いです。
最高の三週間でした。ありがとうございましたm(_ _)m
 
 
二週目はsmalruby甲子園をmacで動かす際に未定義なクラス、メソッドを呼び出していたので、dxruby_sdlに対してぷるりしていく感じでした。
三週目の1,2日目はRuby合宿で使うLEGOmindstormのモーターのデバッグをしました。(めっちゃ詰まった)
三週目の最後は8/17(月)~8/21(金)にあるRuby合宿の競技内容とルール、サンプルを作るまで行いました。
 

github.com 

Scripts in rubycamp 2015 summer · GitHub 

こんな感じですかね。

 

色々私情で忙しくて、毎日記事が書けてなくてあーって感じでした。申し訳ありませんm(_ _)m

 

学んだ事

OSSにコントリビュートする事の楽しさ

恥ずかしながら、OSSにプルリクを投げたのが今回で初めてでした。
インターンをお願いする際に「OSSに関わる方法を勉強したい」と漠然で頭悪そうなお願いをしたので申し訳なかったのですが、
Nacl様のお陰で僕も勉強になるかつお役に立てる様な仕事ができたと思います。「coderwallしてないの?あれしておくと海外で就職する時とか見られるよ」
OSSへのコントリビュートは他人の為にやるのではなく、自分がこういう事がしたいからという理由でするのが最高」など色々勉強になりました。
自分の気になるプロダクトを自分の為に遊び倒して行こうと思いました。

 

 

Gitのまあまあ複雑な操作


gitは無くてはならないもので、どんなときも使おうと心がけていますが、
今回まあまあ複雑な操作をして、あぁ〜〜〜〜と思ったのでもっと頑張りたいと思いました。
複雑な操作というのが、
Aリポジトリをフォークしてbugfixしてプルリクしたけど本当は別のBリポジトリがメンテナンスされているリポジトリで、
fork先のremoteの向き先をそっちにむけてfetchしてローカルに落として、rebaseしてリモートに投げてプルリク出すみたいな...
こんな感じだったかなぁ?なんかもっとめんどくさい事した気がする。微妙に違う気がする。
どんな状況でも想定しているgitの操作ができる様になるのはmustだと感じました。 
 

もっと作業を効率化しようと言うこと

高尾さんの作業を見ているとすごい手さばきでぐわぁぁって感じでした、emacsから抜けない感じですね、僕のvim力ももっと上げる必要があると感じました。エディタじゃないですが、シェル上の文字をキーボードでぐわあぁと範囲指定してコピーしてみたいなのとか、いいなぁと思いました。やっぱり全ての作業をキーボードで行える感じがジャスティスですね、 

コードを読むパワーとデバッグパワーの不足プロジェクトの内容をガシガシ読み解くパワーが必要だなぁと思いました。クライアントがサーバに投げているJSONがパースされていないのはエラーメッセージからわかりますが、じゃあ具体的にはとなると時間がまあまあかかってしまいました。緊張もありましたが。(画面を見られる練習が必要なかんじある) 
 

Naclの皆さんの優しさ(島根の食文化の最高さ)

 

僕の期間はインターン生が丁度いなかったのもありますが(再来週くらいからめっちゃ来る)めっちゃ奢って頂きました。ありがとうございました。

本当に初めて食べる様な高級なものばかり食べさせて頂いて舌が肥えました、

本当にすごい、島根食文化最高といった感じでした。あぁ〜、なにもかも美味かったなぁ、

最後の週は毎日昼か晩、その両方奢って頂きました、泣m(_ _)m

全所持金(銀行口座含む)が4000円なので生命の維持を助けられた感じでした、本当にありがとうございました。

 

 

感想

最高の3週間でした。来る時ドキドキして「あぁ〜〜〜〜どうしようかなぁ〜〜〜〜」と悩んでいたのが嘘のような時間の早さでした。

最高のメンバーの中で三週間だけでも働けたのは本当に良い体験でした。皆さんカッコ良かったです。憧れです。

 

もっと僕も本気で頑張らないといけないと思いました。がんばろう駆動開発。

 

また将来島根でも働けたらなと思いました。頑張ろう。

 

 

 

広告を非表示にする