decode

技術ブログ 本の紹介

仕事は楽しいかね? 読みました

仕事は楽しいかね?を読みました、
テスト中に「なんか面白い事ないかなぁ」とKindleStoreを眺めていたらstudent会員だったので、月一で本が無料で買えるのを思い出しました。
今までなんて損をしていたんだろう...結構いい本があるので悔みましたが、とりあえず一つ読んで見ることに、
パッと目についたのが「仕事は楽しいかね?」でした、
先に感想を述べると、最高、めちゃくちゃ面白かった。

物語形式で読者と主人公に色々な大切な事を教えてくれます。

明日は今日と違う自分になる

とてもすごい事を知ってしまった。
目標なんてクソ食らえ、これには驚かされた、

目標を立てたところで、誰も5年後の未来は想像できない、
人生とは、やるべき仕事や習得すべき技術、到達すべきレベルの連続では測れない。
人間全てが夢を持って、それだけをこなせるはずがない。
だから大切な事は、「昨日より良い自分になる」事、

もし宇宙が素晴らしいアイデアをくれるとして、君はそれにふさわしいかね?

イデアは無限にある。だがそれに気づき、実現させる事のできる人間は少ない、
これも納得。
チャレンジと簡単に言うけれど、とても大事な事だと気付いた。
自分の挑戦する意欲を常に試されていると心掛ける様にしよう。

主に感じた事はこの2つのことだった。
こんな素晴らしい本がタダで読めて申し訳ない。
活かしていこうと思う。

広告を非表示にする