decode

技術ブログ 本の紹介

プレゼンテーションzen デザイン読みました

プレゼンテーションZENデザイン読みました。pub.maruzen.co.jp



内容としては、

プレゼンテーションZEN+ちょっとデザイン

って感じ。





「デザインは機能(やりたいこと)を最小の手段で最大限の効果を生み出す事」だとプレゼンテーションZENで理解した。

だからプレゼンテーションZENデザインは機能に対する色々な手段を見せてくれる本だと思っていた。

しかし、載っている手段は、「色彩、写真、タイポグラフィ」のようなモノの手段であった、




私はそのような「目で見る改善」はTheデザインというよりかデコレーションの改善としか思えない。

恐らく作者はプレゼンテーションZENの続編としてこの本を出したく思い、プレゼンのスライド関係の「目で見る改善」しか関連できなかったのであろう。



だが内容としてはプレゼンテーションZENのまとめであり、かつ視覚デザインに対しては前作より突っ込んで書いてあるため面白かった。


どちらかと言うとプレゼンテーションZENの方が手元には置きたいなぁ



次読むデザインの本は形とか、「視覚的デザイン」以外の本にしよう。

広告を非表示にする