decode

技術ブログ 本の紹介

Ruby合宿2015春

Ruby合宿

今回はRuby合宿に行ってきました、

行こうと思ったきっかけは、去年の夏のfeedforce様にインターンさせて頂いた際に、えーちゃん先輩に「Ruby合宿行こうぜ!!」と誘われたからと、
その時に泊まっていたギークハウスの奥野さんがRuby合宿に行っていて、めっちゃ羨ましかったからです。

内容

今回のRuby合宿では、レゴマインドストームEV3を使って、Rubyによるロボット制御と、ロボットから得たフィードバック情報の視覚化を行うと言うものでした。

教育版レゴマインドストームEV3とは | 教育版レゴ マインドストーム 正規代理店(株)アフレル

具体的には、

ロボット制御プログラム

手動、もしくは自動でライントレースさせるプログラムを組む。
より早く、より探索ポイントをカウントし、より運搬物を運んだチームが優勝。

f:id:kkou0801:20150304015811j:plain
f:id:kkou0801:20150304015801j:plain

視覚化ツール

競技の開始時間と終了時間、発見した探索ポイントの数(地図や座標を表示)を表示するツールをdxrubyで開発する

という感じでした。

良かった事

f:id:kkou0801:20150303012937j:plain

  • Matzさんに会えた。嬉しすぎて死ぬかと思った。一緒の空間にいれる事に感動。涙目。
  • なにがあっても絶対チームでバージョン管理しようと言うことを知れた。
  • 最初にじっくり設計すべきだとわかった。
  • ハード(実物を動かす)事が大変なのが知れた。
  • Windowsをとっても久しぶりに触れた。
  • ハードの制御ってうまく動かないという事。
  • LISPやりたい。
  • 息を吸うようにコードリーディングしたい。
  • 自分も言語設計とかOS、カーネルの様な低レイヤーをしたいと思えた。
  • いい人とたくさん出会えた。
  • 誰がどういうコードを書いてるか、インターネッツの中での有名な人をウォッチしたい
  • カンファとか勉強会行きたいと思った。

悪かったこと

  • 自分のコードがゴミだった。途中からもう動けばいーやって考えてしまいました。
  • まだまだ勉強がたりないなって思いました。
  • あと日本語入力に切り替えたいな〜って思ったら左上に手が伸びる様になった。
  • レゴマインドストームが我が子の様に可愛く、センチメンタルになった

参考資料


Labo Memo


Ruby合宿一日目 - 本当のkawasakikou(光属性)


Ruby合宿二日目 - 本当のkawasakikou(光属性)


Ruby合宿三日目 - 本当のkawasakikou(光属性)


Ruby合宿四日目 - 本当のkawasakikou(光属性)


Ruby合宿最終日 - 本当のkawasakikou(光属性)

ルビーのうた / ことのは | 音楽共有サービスCREOFUGA[クレオフーガ]


Ruby合宿2015春 - YouTube


Ruby合宿2015春 - YouTube


「再起動すればうまく動くとおもうんで!!!!」

競技会ではかなりいい動きしてたんですけど。。。マージして逝きました。全て僕のせいです。(泣)

Ruby合宿をおすすめしたい人

  • プログラミングあんまわからん!って人、ほとんどの人が「授業では書いてるけど...」ってかんじでした。強かったのはえーちゃん先輩とありたそさんかなぁ。

というかUSB駆動開発だったので、ホントに初心者でもいけます。

  • Matzさんに会いたい人、もう嬉しすぎて死ねます。もっと勉強頑張ってあんなかっこいい人になりたいと思いました。

Ruby合宿をおすすめできない人

  • ガチガチのRubyエンジニアで、強い人同士の交流を求めている人、でも企業の方は強かったです。
  • コードを書くのがあんまり気乗りしない人


おすすめできない人はレベルの高い人かなぁ。と思いました。何故ならGitすら...いえなんでもありません!

感想
とても楽しい合宿でした。
もっと勉強したいと思いました。頑張ります。

広告を非表示にする