decode

技術ブログ 本の紹介

Springs of C 楽しく身につくプログラミング   読みました

1/24~1/27

今回はこれを読みました。

Springs of C

楽しく身につくプログラミング

Springs of C 楽しく身につくプログラミング | 森北出版株式会社


f:id:kkou0801:20150126221554j:plain


なぜCの本を読んだかと言うと、今回の試験の範囲がCのポインタだからという理由と、
普通のLinuxプログラミングと言う本で良く分からない所があったからです。

本当に入門書って感じで、前半はスラスラーって読めました。
後半はOpenGLを拡張した、GLUTというライブラリを使ってちょっとしたゲームを作って見ようという感じ。

ポインタの実装というか、プログラムが微妙に組める様になりました。
この本は章末に課題が結構載ってるんだけど、回答がないため、できないまま断念したものがちらほら。くやしい。

未だに、別関数から作った配列をポインタで返すのがうまくできません、関数にぶちこむのはできてるんだけどねぇ、、、(泣)
まぁLinuxの本の理解に差し支えない程度のポインタの知識は付いたのでよかった。

解答例が欲しい本でした。ちゃんと解答例ついてる本がやっぱ素敵、勉強する効率がいい。

追記
解答例ありました、aさんありがとうございますm(_ _)m
ここですね

ダウンロード | 森北出版株式会社

本の方もちゃんと見てみたら「はじめに」の前のページに書いてありました...申し訳ありません。
次からちゃんと確認するようにします!

広告を非表示にする