decode

技術ブログ 本の紹介

エンジニア軍に居酒屋につれていってもらったお話

今日は今スタートアップというかベンチャーで一番勢いがある某企業のスーパーエンジニアの方と某情報セキュリティ関係の企業エンジニアの方とギークハウスでとてもお世話になっている方とご飯食べに行かせて頂いた。


〜思った事〜

お酒は飲み放題とかじゃなく本当に美味しいものを少し飲むのが大人だと、
あとハムカツがすごい美味しかった
f:id:kkou0801:20140817022513j:plain

技術的な事
最新の技術も一応知識としては頭に入れておかないとダメだなって思った。
あとその最新の情報を応用してみる事も大事、
今だとMongoDBみたいなNoSQLをちゃんとしたリレーショナルと組み合わせて爆速にするとかあるらしい。勉強が足らんなと、

後はエンジニアにも勉強会に行くそういう最先端を一応知識としては入れておくタイプと全くしない様な人が二極化するってのはちょっとびっくりした

全員常にWEBDBpressとか読んでると思ってた
自分も定期購読しようと思った

後転職が自由なIT業界で生き残るにはやっぱ普通に業務こなしてるだけじゃダメだと

半年のブランクとかあっても内容さえあればてへぺろで済まされるらしい

つまり業務以外での家帰ってからのコーディングが大事だと、
色んな持ちネタが無いと転職は厳しいと、
今のご時世ちょっとしたサーバが5000円あれば買えるんだからやらない手はないと。

あとドメインのお話もあった、
IPV6のお話、
V4はもう枯渇していてかつセキュリティシステム側は移行しても大丈夫ですよ〜って言ってるのにしないって言う、
V4が出た時も「こんな量要らね〜よw」みたいな感じだったらしい、でも無くなったと、
だからこれからは某パズ○ラとか某ラブ○イブとかするにはV6じゃないとダメですよ〜とかするのがいいらしい、よく分からんけど。




歴史を勉強するのもすごい重要な気がしてきた
あと文系の勉強もしたい

エンジニアの独特な雰囲気というか脳の若さは本当かっこいいなぁ...と思う。
人生長いし。頑張ろうと思う。


    広告を非表示にする