読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

decode

技術ブログ 本の紹介

アラタナ

今日のお昼に株式会社アラタナ様の専務、穗滿一成さんにランチをご馳走して頂いた。

因みに夾竹園だった。太っ腹。
 
事の発端は
僕の技術力をつけたい、というお願いからだった。
我らが澤木さん(師匠)に相談してみると
「宮崎のITで急成長しているといえばアラタナさんだろ!インターンお願いしてあげるよ!!!!!」
と言って下さったのでありがたく、と言った感じだ。
 
この時送った文章を自戒として載せておきたい(名前は伏せます)
 
<アラタナ様にインターンを志望する理由は2つあります。
一つ目はWebサービスについて学びたいからです。
僕は今Webサービスを作る為に勉強しています。高専ベンチャーというハッカソンでカスタマーから企業に意見をより容易に伝えるためのサイトを開発してからWebサービスの面白さを知りました。
私の仕事はフロントエンドの仕事だったのでバックエンド側も勉強したいと思い、インターンを志望させて頂きました。
今の僕に足りない技術はシステム構築と運用の二つです。
ですのでその2つの技術をアラタナ様へのインターンECサイトの構築をしつつ学びたいです。
 
二つ目は社長の経営理念を学び取り自分が起業する際の手本にしたいからです。
僕の夢はBMI(ブレインマシンインタフェース)を現在のスマートフォンの様に普及させる事です。
考えるだけで文字を入力し、見るだけで記憶して忘れない、そのような脳を補助強化するマシンを作りたくてしょうがないです。
日本にも脳波で動くおもちゃを発売している会社さんはありますがたった一つだけかつ現段階ではホビー扱いなのでそこの会社では夢は実現できません。僕はマシンを動かしたいです。だから起業したいです。
ですのでインターンをし、アラタナ様から起業し働くとはどういう事なのかを学び取りたいです。
 
よろしくお願いします。>
 
澤木さんに添削して頂いた結果とても良い文章が書けた。
5W1Hってすげー大事だなって思いました。
地球上のもの全て5W1Hで出来てるんじゃないかってこの頃思います。
 
そういう経緯があって(メールに汗って書くつもりがアセンブラって書いちゃった事件を含め)ランチに誘って頂けたのだ。
 
そして当日12時、穂満さんの第一印象はいいお父さんみたいだと感じた。(申し訳ございません)
僕の話をただの小僧の夢絵本としてではなく、真剣にアドバイスをいただけた。本当にありがたい。そういう意味としてだ。
 
やること全てに全身全霊で取り組め、どんなことでもいつか点と点は線になる
 
目指すものはぶれては誰も見てくれない。広い海を渡る時を思え、目の前に障害物があったら避けるのは当然だけど行き先は変わらないでしょ?
 
友達は大事、
面白いものを絶対的否定するのではなくていい意味で意見してくれる友達はいたほうがいい
 
夢は丁寧にアプローチと大まかな時間、会うべき人を書きだそう
 
自分の時間単位あたりの稼ぎを見極めておけ
一人が3人分稼がないと会社は成り立たない
 
大人になるとなかなか身動き取りにくいから精一杯自由を楽しめ
あえて抽象的にしたが、毎回思うのは大人の話って面白いなって事だ。
自分の人生から言える事を教えてくれるのでスーパー面白い。
かっこいい。
 
...そして僕は6月中旬からアラタナ様にお世話になることが決まった。
 
生きるって楽しいなぁ
まずは夢を書き出してみよう
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
広告を非表示にする